私たちは一ヶ所ですべて楽しむことができ、あらゆる年齢のゲストに教育と交流を独自に混合したものを提供し、アラスカで最高のもので旅行者を楽しませております。アラスカ360のドレッジ・タウン

Deborah Morse 総支配人

素晴らしい体験を通して、私たちは他にはない、忘れられない経験をあらゆる瞬間、そして最高の旅行の価値を作り出します、

Deborah Morse 総支配人

会社沿革

アラスカが提供できるすべてのもので、最高の時間をお楽しみできます。

1999

金炭坑作業員であったロン・ホルウェイの夢は、将来の世代が金炭坑の歴史を保存することでした。

1999年春、トム・ホール は彼の友達である ロン・ホルウェイ に声を掛けました。彼は生涯金炭坑作業員であり、彼にロンが1937年にスキャッグウェイに移住したことを話しました。浚渫機は、ドーソン・シティ北部のスキャッグウェイの採金地にありました。


金炭坑作業員であったロンの夢は、将来の世代が金炭坑の歴史を保存することでした。

トムとロンは、ドーソン・シティからスキャッグウェイ・リバー岸にある、歴史的な浚渫船を再構築するために移住することを、友達と家族に説得しました。

2000年 / 2001年

2000年5月、クロンダイク・ゴールド・ドレッジ(KGD)はツアー会社として開業しました。

2001年8月、KGDはクルーズ旅行の追加として初めて提供されました。

翌年、その他のクルーズ旅行がKGDの浚渫機とゴールド・パンのツアーを選択しました。需要が増えるにつれ、ツアーは拡大して洗練され、さらに加熱したパンの小屋、ショッピングのスペースが作られました。

2009年 / 2010年

2009年、醸造所とレストランがこの施設に作られ、この施設は数年の間で1つのツアーではなく、たくさんのことを行い、見ることができる旅行先となったため、企業名をクロンダイク・ゴールド・フィールド(KGF)と変更しました。

KGFは拡大し続け、そり犬のデモンストレーションと氷点下40度以下の体験を2010年に追加しました。

今日

時を経て、クロンダイク・ゴールド・フィールドは変化し続け、今日は名前をアラスカ360とし、私たちのミッションステートメントを反映するようになりました。一ヶ所ですべて楽しむことができ、あらゆる年齢のゲストに教育と交流を独自に混合したものを提供し、アラスカの最高のもので旅行者を楽しませております。アラスカ360のドレッジ・タウン


素晴らしい体験を通して、私たちは他にはない、忘れられない経験をあらゆる瞬間、そして最高の旅行の価値を作り出す努力をしております。クロンダイクの砂鉱採鉱の歴史を保存するために、私たちはゲストのためにアラスカの多くの歴史的側面、そして今日のアラスカの日常を1つにしました。こうして、1人の男の夢から始まったこの企業はビジョンを持って成長してきました。

今日、アラスカ360の従業員はドレッジ・タウン:ユア・デイの作成に専念しています。これはスキャッグウェイにあり、ゲストは1890年代に戻り、当時のビル、コスチュームを着たガイド、たくさんのアクティビティやツアーを楽しむことができます。炭鉱労働者、そして今日のアラスカを祝福することで、この土地は特別なものとなり、ロン・ホルウェイの夢が満たされているのです。

ご質問がございましたら、直接ご連絡ください!

連絡先

チームに加わる

アラスカ360は、素晴らしい人材を常に探しています。

詳細はこちら